現役セフレが語る都市伝説ではないセフレの実体

セフレは都市伝説だ!!って言われてるけど本当にいるヨ!現役でセフレがいる私がセフレの実体を語ります。

出会い系サイトを使いたい目的は人それぞれ

2014-12-18

出会い系サイトを使いたい目的は、人それぞれに幾つもあると思います。

出会いというからには、誰かと出会いたいからですね、そして出会った相手と何をしたいかという事を考えてみると、メール交換をしたい、チャットをしたい、趣味の話をしたい、携帯電話で話をしたい、リアルタイムに会って直接話がしたいなどのほかにSF(セックスフレンド)や不倫などが目的で出会い系サイトを使う人もいます。

また、変わったところで、相手の女性に話をしたいからと携帯電話番号を聞き出したり、顔を見たいからと送ってもらった写真を使いAVのアイコラに流用するということもあるようです。

多くの場合は対象者が成人男性・女性なので、どのようになっても自己責任になるのですけれども、近年は、児童を対象にした物品購入や、SF目的が多くなってきました。

例えばゲームサイト内だけで使われるメールで相手を呼び出し、行為に及ぶとか、ゲーム内のメールからあるサイトへ誘導して、アバターや携帯など物品を購入させられるということもあります。

以前から問題になっていたサクラについて、最近の出会い系サイトでは、やらせなし!と銘打って、いる出会い系サイトをみると「やらせがない」と書かれていたり、登録料無料の代わりに広告などを入れていることがあります。

やはり運営上どうしても資金が必要になってくるので、会員から得られないとなるとほかからの収入源を確保せねばならないのが実情のようですが、会員としては安心できるサービスになってきているようです。

ほかにも無料出会い系サイトと、有料出会い系サイトと分かれていたものが、例えば会員登録は無料、メールを受けるのも無料だけれども、返事を書いたりメール送信サービスは有料だったり、また一日だけその出会い系サイト内を会員と同じように使用することができるなど、ある一部分だけ使って、よかったら登録してくださいというシステムの出会い系サイトも登場しています。

カテゴリー: 出会い 

ポイント制の有料サイトで多く使われている手口

2014-12-06

一般的なことなのか、無料の出会い系サイトに登録したら自動的に有料サイトにも登録されました。

当然、自分が登録した無料サイトの方を利用していましたが、女性からの返事は全然来ませんでした。

一方、無視していた有料サイトはというと、こちらは女性からのメールが何通も届いていました。

さすがに少し気になって有料サイトを覗いてみたら、やはりポイントを購入しないと利用できないようでした。

それでもひょっとしたら着信メールを開くぐらいは無料かなと思って、試しに開けてみたらポイント無しで読めました。

実際に購入していないわけですからサービスの範囲だと疑いませんでした。

調子にのって、数人に返信もしましたがそれでもポイントは不要でした。

すると一気に女性から返信が来るようになって、出会い系っぽくメール交換を楽しんでいましたが全員サクラだとわかったので途中で止めました。

そして、やっとこの段階になって自分のポイント欄がマイナス3000と表示されていることに気付きました。

何で0じゃないの?ポイント購入してないはずなのに??と不安になって、サポートにメールした所嫌な予感は的中。

「既に利用料は発生している。

規約を読んでくれ」との事。

確かに規約には「所持しているポイントを超過してサービスを利用した場合、ポイントはマイナス表示となり後払い清算でのお支払いとなります」と書いてありました。

マイナス3000ポイントで30000円の計算になるのですが払う必要はあるのでしょうか?

これは「マイナスポイントシステム」といって、ポイント制の有料サイトで多く使われている手口です。

通常であれば、利用する前に不足していることを表示して購入を促すことが当たり前です。

しかし、このシステムはマイナスを意識させないまま利用させて、突然後払いを請求するという詐欺です。

恐らく、どのユーザーも購入した覚えがなければポイントの残数など見ませんから、そこを狙っていて、最終的には脅迫めいた架空請求書を受け取ることになるのです。

しかし、この手口は完全に詐欺行為で電子消費者契約法に違反しています。

有料サービスで課金される場合は必ず事前にユーザーの確認が必要となり、自身が了解した上で有料内容を通知する必要があるのです。

この場合のように、事前に告知をせず勝手な規約を盾にするなどもっての他で、支払う義務は全くないということを覚えておいて下さい。

何度請求がきても絶対に支払らわないようにしましょう。

カテゴリー: 出会い 

ネカマを見極める方法

2014-11-29

出会い系サイトで理想の女性との出会いを熱望している男性にとってその望みを砕く存在がいます。

それがネカマです。

「ネカマ許すべからず」まじめに出会い系で相手を探している男性会員がそう思うのも無理はないでしょうね。

せっかくの貴重な時間をネカマなんかに使っていたと思うと腹の虫は収まらないはずです。

でも、そこまで腹立たしく思うのは、騙されたということだけではないかもしれません。

そこにはもっと根本的なことがある間も知れません。

せっかく理想の女性に会えたと思ったのに、それがネカマ、要するに男だったということでの傷心からというのが本音。

それほどにネカマは可愛い女に、男が望むような女に、なりすましているのです。

という事は、ネカマを見分ける方法はそこにヒントがあるという事にもなりそうです。

可愛い女、可愛いと思えるような口調、たとえば自分の事を名前で呼ぶような場合は怪しいといえます。

「エリねえ・・・」とか「ユリカ思うんだけど・・・」のような場合は要注意です。

女子高生ならともかく出会い系に登録するような女性には自分の事を名前で呼ぶなんて女性はいないでしょう。

ネカマの確率大というところです。

出会い系の利用者は比較的そういう可愛い系の女の子が好みだとリサーチしているのかもしれません。

また、男性は傷心の女性にも惹かれます。

そこで、「別れたばっかり」とか言う事をやたらと強調するようならこれも怪しいでしょう。

要するに、いきなりのメールで大当たり!なんて思ったとしたらその相手はネカマでしょう。

理想に近ければ近いほど確率は高いと思うべきかもしれません。

逆に普通な感じで特に面白みがなさそうなメールならそれは本物の女性会員だと考えて良いでしょう。

そんな普通のメールの相手のほうが、現実味があるはずです。

ネカマをはじきたいと思ったらネカマを見極めるというのも当然ですが、本物の女性会員を見つけ出すということでも目的は果たせるでしょう。

カテゴリー: 出会い 

僕の偶然の出会い

2014-11-21

僕の偶然の出会いの話を聞いてください。

僕は地方の大学に在学している学生です。

あれは入学したての頃・・・サークルの新歓コンパが毎日のように開かれておりたくさんの人と知り合いました。

そんな中一カ月ほどが過ぎ、入るサークルもようやく決まり毎日の大学生活を楽しんでいました。

僕はそのサークルの中で行事の時や普段のサークル活動を写真に収めるために先輩からデジカメを預かっていました。

何の気なしにデジカメのデータを見ていると私がこのサークルの新歓コンパに参加してみんなで集合写真を撮った時のデータが残っていました。

そして私は心を奪われてしまいました集合写真の隅にうつっているロングヘアの女の子に・・・。

その日以来私はその女の子を探しました。

しかし同じ学年の同級生、サークルの先輩に聞いたりしてもひとつも彼女の情報が出てこないのです。

私は肩を落として日を追うごとに彼女のことを思い出すことが無くなりました。

入学してからそろそろ1年経とうとしている頃、先輩の卒業のためにアルバムを作ろうということになりました。

アルバムを作るためにデジカメ係の私は、写真の現像に行きました。

私が入学したころからの写真のすべての現像をお願いして出来上がりの日に写真を受け取りにいきました。

すると現像を担当してくれた女性から「なつかしいですね。

」と言わればがら写真を渡されました。

私が「え?」と聞き返すと「この集合写真の隅に私写ってるんですよ。

」と微笑まれました。

そのとき私はあの心を奪われた彼女のことを思いだしました。

そう、まさに今目の前に彼女がいるのです。

しかしなぜ大学で見かけることがないのか聞くと彼女は、家庭の事情で大学の学費が払えず入学してすぐに大学を辞めてしまったそうです。

私はそのときに思い切ってアドレスを渡した結果、あの写真の隅にいた彼女はいつも隣にいてくれる大切な人になりました。

カテゴリー: 出会い 

セフレは断じて都市伝説ではありませんヨ

2014-09-25

セフレ。

この言葉が独り歩きしている傾向を筆者は感じています。

これは出会い系サイト業界全体に言える事だと思います。

「セフレなんて都市伝説だよ」という人も存在しています。

真実はどうなのでしょうか?

アナタはご存知ですか?

セフレって実際どうなのか?

月にどれくらいの割合頻度で会う?

エッチはどこでする?

お金は絡むの?などなど。。。

現実日常社会では、セフレと無縁な日常を過ごしている人が大半でしょうから、不思議な事ばかりです。

身近に体験者がいれば別ですが、仮にそんな人がいたとしてもそう簡単にカミングアウトしてくれるとも思えません。

そこで今回、実は現役である筆者が可能な範囲ですが回答させて頂きます。

まず「セフレと何をするのか?」。

これは簡単明瞭。

ヤルだけ(笑)。

場所は九分九厘ホテルです。

独り暮らしの人なら自室も可能でしょうが、まずホテルです。

セフレは彼女とは違いますから、基本お金はかかりません。

ホテル代と持ち込む飲食物代金といったところ。

1回ホテルに行くのに1万円あれば、まず十分です。

コトが済んだ後、相手に交通費やお小遣いはどうするのか?私は一切手渡した事はありません。

金額の名目や大小に関わらず、金銭を手渡した瞬間、それは援助交際の範疇となってしまうので、私的にはNG行為と捉えています。

そうそう。

大切な事を忘れていましたネ。

現役の私から一言。

「セフレは断じて都市伝説ではありませんヨ」。

カテゴリー: セフレについて 

運営元情報

運営元情報イメージ

サイト名
現役セフレが語る都市伝説ではないセフレの実体

代表
近藤 華子

お問い合わせ
trinbagovillageinfo@yahoo.co.jp

新作の記事

新作の記事イメージ

出会い系サイトを使いたい目的は人それぞれ

出会い系サイトを使いたい目的は、人それぞれに幾つもあると思います。 出会いというからには、誰かと出会いたいからですね、そして出会った相手と何をしたいかという事を考えてみると、メール交換をしたい、チャットをしたい、趣味の話・・・続きを読む ≫

Copyright© 2014 現役セフレが語る都市伝説ではないセフレの実体 All Rights Reserved.